早くニキビを治す方法 【最速でニキビ肌がツルツルに!】

ニキビについて理解しましょう!

ニキビに悩む人は、年齢にかかわらず、昔からたくさんいます。

 

 

「ニキビは青春のシンボル!」と言われた時代もありましたが、
これだけ、ニキビ治療の情報が多く発信されていても、ニキビに悩む人がいます。

 

やはり、ニキビが出来る原因が、昔より複雑になっているからではないでしょうか。
不公平なことに、一生ニキビで、悩まない人がいるのも事実です。

 

ニキビが出来てしまった人にとって、とても不快で他の人に見られたくないものです。
「ニキビはお肌の病気です」というテレビコマーシャルが流れて、皮膚科を受診する
人も増えたようです。

 

ニキビの治療法や治療薬は、日々、進歩しています。

 

これまでの概念にとらわれず、最新のニキビ治療で的確に早く、そしてきれいにニキビを治しましょう。

ニキビとは

 

「ニキビはお肌の病気です」というテレビコマーシャルがあったように、
ニキビの正式名称は、「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう」という皮膚の病気です。

 

皮膚には毛穴があり、常に開いた状態で、毛穴から皮脂が分泌されます。

 

ところが、落としきれなかったメイクやホコリなどの汚れで毛穴が塞がれると、
皮脂が分泌されなくなり、毛穴が炎症を起こします。

 

また、肌のターンオーバーがうまくいかなくなると、古い細胞が剥がれずに
角質となって、毛穴を塞いで炎症を起こします。

 

これが、ニキビです 

 

ニキビは、顔や背中、頭皮など、体のいろんな場所によく出来ます。
それは、顔や背中、頭皮が体の中で皮脂の分泌が多い場所だからです。

 

夏で多く汗をかく時期や、皮脂の分泌量が変化する季節の変わり目は、
ニキビが悪化しやすいので、注意が必要です。

 

皮脂の分泌は、若い頃に多いので、思春期ニキビは、20歳前後で治まることが
多いですが、その後もニキビで悩まされるのが大人ニキビです。

 

大人ニキビは、ストレス、睡眠不足、偏った食生活など、不規則な生活によって
皮脂の分泌量が多くなることによって出来るとされています。
大人ニキビを治すには、生活習慣の見直しも必要となってくるのです。

 

また、ホルモン分泌の乱れも、大人ニキビの原因になります。
女性が生理前にニキビが出来やすいのは、このためです。

 

ニキビは、炎症の段階によって、
初期段階の白ニキビ黒ニキビ、悪化した赤ニキビ
更に悪化した黄ニキビに分けられます。

 

ニキビの初期段階で治れば、皮膚は元通りにキレイになります。

 

しかし、黄ニキビまで悪化してしまうと、ニキビが治っても、皮膚が陥没したり、
盛り上がったり、赤みが残ったりする可能性があります。

 

ニキビ跡が残らないようにするためにも、初期段階での適切な治療が必要です。

 

オススメ治療薬はコチラ!

とても注目されているニキビケア商品がコチラです。

 

★ライスフォースの姉妹ブランド、「アクポリス」 シリーズ累計販売本数870万本突破の大人気商品です。

 

 

 


★白ニキビ対策なら「チュルン」。 つい潰したくなるような顔の白ニキビケアにオススメです。

 

 

 

ルフィーナ


★背中にキビなら「ルフィーナ」 現役モデルが多数愛用している人気商品です。

 

 

 


★手島優さん愛用!背中にきび・にきび跡・大人にきびをこれ1つでケアできる優れもの 。

ニキビと洗顔

ニキビには、清潔が第一!清潔にするなら洗顔!ということは、誰でも知っています。
けれども、ただ、石鹸で洗えばいいというわけではありません。
ニキビが良くなる正しい洗顔をしましょう。
洗顔は、一日に2〜3回で十分です。洗顔の回数が多いと、顔の皮脂を取りすぎてしまい、
かえって皮脂の分泌が増え、ニキビになりやすくなります。

 

正しい洗顔方法

洗顔の前に

ニキビは、毛穴が詰まったことによりできます。
ですから、洗顔の前に、毛穴を開くとニキビに効果的な洗顔が出来ます。
温かい蒸しタオルを顔に乗せ、手で押さえながら2〜3分置き、毛穴を開きます。
入浴をした後も毛穴が開きます。

洗顔料を泡立てる

洗顔は、手でゴシゴシ、肌をこするのではなく、洗顔料の泡に汚れを取ってもらいます。
洗顔料の泡立てには、泡立てネットが便利です。
ネットを水でしめらせて、洗顔料を加え、空気を含ませながら、
キメの細かいしっかりとした泡を両手のひらいっぱいに作ります。
泡立ての固さは、手を逆さまにしても落ちないくらいが目安です。

洗顔

まずは、皮脂の分泌が多いTゾーンから洗います。
泡で顔をマッサージしたり、泡を肌に押しつけるようにポンピングして、
刺激を与えないように優しく洗います。
泡で洗うので、手は全く顔の皮膚に触れません。

 

すすぎ
水ですすぐと、毛穴が閉じてしまうので、35〜40度のぬるま湯ですすぎます。
手で肌をこすらないように、ぬるま湯をかけるようにすすぎます。
泡は、思っているより落ちにくいものです。多いと思うかもしれませんが、
30回位、タップリのぬるま湯ですすぎます。
泡が残りやすい、髪の毛の生え際や首筋もしっかり洗い流します。

 

拭き取り
軟らかいタオルで、顔を押さえるように優しく水分を拭き取ります。
タオルでこすらないように注意しましょう。

TOPへ