ニキビ洗顔の具体的な方法

ニキビ洗顔の具体的な方法

ニキビ洗顔において重要になってくるのが、その方法でしょうね。
効果的にニキビ洗顔を行うためには、まず、あなたの肌質をよく見極めることが重要となってきます。
皮脂が少なくなりすぎると、「健康を保てない」と肌が焦り、ますます皮脂を分泌させようとします。
しかし、ニキビ洗顔において、熱すぎるお湯というものは禁物です。
ニキビのできている肌にも、脂性肌、混合肌、乾燥肌と、いろいろあります。
まず、ニキビ洗顔とは、水で洗えばいいのか、それともお湯で洗えばいいのか。
しかし、「とにかく洗えばいいんでしょ」と、あまりよく考えずにニキビ洗顔をおこなっている方も、意外に多いのではないでしょうか。
肌の健康を保つためには、ある程度の皮脂は必要となります。
しかし、熱すぎるお湯を用いてニキビ洗顔を行えば、必要な皮脂までも取り除かれてしまいます。
正解は、お湯です。
次に重要なのが、ニキビ洗顔をおこなうために使用する洗顔料です。
結局、ニキビ洗顔後も、肌はベタベタ。
これだと、まったく意味がないですよね。
ですから、ニキビ洗顔において最適な水の温度とは、「ぬるま湯」程度であるといえるでしょう。
ぬるま湯とは、さわってみて、ちょっとあったかいかな、と思える程度の温度のお湯のことです。

 

ニキビ洗顔において、使用するお湯の温度が重要なこと、おわかりいただけたでしょうか。
ニキビ洗顔に使うんだから、ニキビ用を使えばいいや、という単純なものでもないのですよ。
ニキビ洗顔にとって、洗顔料の種類、特徴といったものも、大事な要素となります。

 

「ニキビ洗顔の大切さは知っているけれど、具体的にはどうやって洗えばいいの?」という思いを持っている方も多いでしょうね。
肌質に合った洗顔料を選ぶようにしましょうね。

TOPへ