白ニキビの原因と治す方法

■白ニキビが出来る原因
白ニキビは、大きさでいうと直径約1〜3mmの、白く膨らんだ吹出物です。
皮脂がうまく排泄されずに毛穴が大きくなり、皮膚が膨らみます。

 

白ニキビは、おでこや口の周りや顎などに出来やすいとも言われておりますが、二の腕や背中にも出来ます。
ニキビの中でも初期の段階のニキビで、角栓や汚れが毛穴を塞ぎ、皮脂や角質などの汚れが外に出られなくなってしまった状態です。

 

毛穴を塞いでいる汚れには、埃や塵、シャンプーやリンスの洗い流し、落としきれず肌に残ったファンデーションなどがあります。
毛穴を塞ぐ原因は、皮脂の分泌が過剰なことでも起こります。

 

不規則な生活やストレスからホルモンバランスが崩れたり、栄養バランスが偏ることで、皮脂の分泌が過剰になって白ニキビが出来ます。

 

また、年齢が上がると、お肌のターンオーバーが遅れ毛穴が詰まりやすくなります。
白ニキビはニキビの原因菌であるアクネ菌の増殖が本格的に始まる前なので、炎症はしておらず、まだ痛みや痒みもありません。

 

■白ニキビを治す方法
白ニキビの治し方は、毛穴に詰まった汚れを取り除かなくてはなりません。
しかし、全てを綺麗に落としきればいいというわけではなく、余分な皮脂だけ取り除き、必要な皮脂は残す必要があります。

 

必要な皮脂まで取り除くと、肌の乾燥を招き、これもまたニキビの原因になってしまいます。ナイロンタオルなどでゴシゴシ擦るのではなく、洗顔料を泡立てて優しく洗いましょう。

 

余分な汚れを落としたら、しっかりと保湿をして肌を守る事も大切です。
ヒアルロン酸やセラミド、コラーゲンなどが配合された化粧水で、たっぷりとお肌に潤いを与えます。ターンオーバーの乱れから白ニキビが出来ている方は、ピーリングも忘れずに行いましょう。

 

白ニキビは、ニキビの中でも、まだまだ初期の段階のニキビです。
出来てしまっても悪化させずに治せたら、ニキビ痕も残りません。
白ニキビが気になっている方は、今すぐに正しい方法で対処して、綺麗に治してしまいましょう。