背中ニキビの治し方と予防法

背中ニキビの治し方と予防法

背中ニキビは、顔にできるニキビと違って、鏡で確認しにくいニキビです。
そのことが原因で、白ニキビや黒ニキビの段階では気づかない人も多いようです。
そして、更に悪化して赤ニキビや黄ニキビにしてしまうことがあります。
背中は、汗をかきやすいにもかかわらず、汗をかいても人前では拭くことができません。
入浴中に、背中を洗うにしても、手が届かなくて洗えなかったり、逆にボディブラシやタオルでこすりすぎてしまうこともあります。
背中は、毛穴ケアが難しく、ニキビができやすい上に、できてしまったニキビの細かいケアがしにくい厄介な場所なのです。

 

背中ニキビの原因

背中ニキビも皮脂の分泌が過剰になり、毛穴が詰まることによってできます。
皮脂の分泌量は、ホルモンバランスの崩れやストレス、寝不足や不規則な生活習慣などによって乱れやすくなります。  背中は、自分で洗いにくい場所です。
手が届く所もありますが、肩甲骨の周辺は、手が届かないのでボディブラシやタオルでゴシゴシこすってしまいがちです。
それによって、必要な皮脂まで取りすぎてしまったり、すでにできているニキビに刺激を与えて悪化させてしまうこともあります。
髪の毛を洗った後のシャンプーやリンス、トリートメントの洗い残しも背中ニキビにつながります。
髪の毛は、しっかり洗い流しても、背中にシャンプーなどが残っている場合があるのでます。

 

背中ニキビの治療

背中ニキビは、毛穴が詰まらないように皮脂の分泌を正常にすることが大切です。
脂っぽい食べ物や甘い食べ物の食べ過ぎに注意し、バランスの取れた食事を心掛けます。
夜更かしをせず、しっかり睡眠をとります。
どんなニキビでも、毛穴を清潔に保つことが重要です。
背中は、汗をかきやすい場所なので、汗をかいたら、こまめに肌着を取り替えます。
また、吸汗速乾性に優れた肌着を身につけるように心がけてください。。
入浴の際には、シャンプーやリンス、トリートメントやボディシャンプー、洗顔石鹸などの洗い残しが背中に残らないように注意します。
体を洗う順番も髪の毛を洗ってから、体を洗うほうが、洗い残しも少なくなります。
使用するシャンプーやリンス、トリートメントやボディシャンプー、洗顔石鹸も洗浄力が強力だと、必要な皮脂まで洗い流してしまう場合もあります。
刺激が強い場合があるので、肌に優しい成分の物に変えた方が良いでしょう。
背中の洗い方に関しては、色々な意見があります。
タオルやタワシでしっかり洗う方が良いとか、流すだけで十分なので洗う必要はないなど全く、逆の意見があるのです。
人によって肌の強さや皮脂量は違うので、一概にこの背中の洗い方が良いとは言えません。
背中ニキビができてしまっている時は、ゴシゴシこすらずに、ニキビに刺激を与えないように優しく洗いましょう。
日頃の生活習慣の改善は、ニキビの治療だけでなく、予防にもなります。
気を付ければ、背中ニキビはできなくなりますが、それでも赤ニキビや黄ニキビになるようでしたら、医療機関の受診をお勧めします。

TOPへ