胸ニキビの治し方と予防法

胸ニキビの治し方と予防法

胸は、毛穴の多い場所です。女性であれば、「胸の谷間」と言われる胸の中央に胸ニキビは多くできます。
夏の暑い時期、胸元が開いたTシャツを着たいと思っても、胸ニキビが気になってしまい着られない・・・・・と悩む女性も多くいます。
胸は、元々、ニキビができやすい場所である上に、女性はブラジャーによって蒸れてしまい、ニキビを悪化させている場合もあるのです。

 

胸ニキビの原因

胸は、毛穴が多く、皮脂の分泌が多いので、毛穴が詰まってニキビができやすくなります。

 

皮脂の過剰分泌は、夜更かしや睡眠不足、ストレスやホルモンバランスの崩れ、バランスの悪い食生活などによって引き起こされ、毛穴を詰まりやすくします。

 

胸は、汗をかきやすい場所ですが、顔と違ってなかなか人前で汗を拭くことができません。

 

その結果、汗をかいたままの肌着やブラジャーを長時間、身につけていることになり、ニキビにつながります。

 

胸は、シャンプーや石鹸のすすぎ残しが多い場所でもあります。

 

すすぎ残しが、毛穴を詰まらせたり、細菌を繁殖させてしまいます。

 

紫外線の影響も見逃せません。

 

暑い時期に胸元が開いた洋服を着たり、薄手のシャツを通して皮膚に達した紫外線が肌のターンオーバーを乱します。

 

古い角質が剥がれ落ちずに毛穴を塞いで、ニキビになります。

 

胸ニキビの治療

胸ニキビは、毛穴を詰まらせないように皮脂の過剰分泌を抑えることが重要です。

 

脂っぽい食べ物や刺激が強い食べ物、糖分が多い食べ物は控えて、バランスの良い食事をするようにします。

 

揚げ物やスナック菓子、ファーストフードや激辛の食べ物、チョコレートなどはNGです。

 

睡眠はしっかりとり、夜更かしをしないようにします。

 

現代人にストレスをなくすようにと言っても無理なことです。

 

ストレスを軽減するために、趣味や好きなアロマの香りで癒される空間を見つけるのも一つの方法です。

 

ニキビは、清潔にすることが大切です。

 

汗をかいたら、肌着はこまめに着替えるようにします。

 

汗で蒸れないような吸汗速乾性に優れた素材の肌着も数多く販売されているので、肌着を見直してみてください。

 

ブラジャーは、あまり締め付けが強いとニキビができやすいので、サイズの合ったブラジャーを身につけるようにします。

 

入浴の際には、胸にシャンプーや石鹸のすすぎ残しがないように、しっかり洗い流します。

 

体を洗う順番も髪の毛を洗ってから、体を洗う方がすすぎ残しが少ないようです。

 

紫外線対策は、顔だけでなく首から胸にかけても、しっかり行います。

 

あまり、肌を露出しない方が望ましいのですが、胸元が開いた洋服を着るときは、日焼け止めクリームを塗るようにします。

 

今は、紫外線をカットする素材の洋服も販売されています。紫外線が強い季節には、取り入れてみてはいかがですか。

 

生活習慣の改善で胸ニキビは、治っていきます。

 

ですが、胸の肌は、デリケートなので、症状が悪化する場合は、医療機関の受診をお勧めします。

TOPへ