乾燥肌ニキビの症状

乾燥肌ニキビの症状

乾燥肌ニキビは、乾燥肌の典型的症状、それもかなり重傷の乾燥肌の症状の一つです。
そもそもニキビは脂分が多いから出来るというイメージが強いものですよね。
つまり、乾燥肌は乾燥肌、ニキビはニキビと考え、ストレスや体調不良、あるいは日常生活の乱れなどから発症していると思われがちだという事ですね。
勿論、乾燥肌ニキビと言っても、ニキビはニキビですから、そうした要素がない訳ではないでしょう。
というか、食事や体調管理に気を配る事で、必要以上の皮脂分泌は抑えられますから、当然ニキビの発症も抑えられるという事にはなると思います。
が、しかし、乾燥肌を改善しない限り、乾燥肌ニキビの発症リスクは取り除けないというのも事実だろうと思うんですね。
となると、食事も重要ですが、やはり保湿に特化したスキンケアが何より重要になって来るでしょう。
乾燥肌ニキビは、実は別名角質型にきびとも呼ばれていて、古い角質層に毛穴をふさがれる事が最大の原因だと言われています。
そこで、古くなった角質層が蓄積され、分厚い皮膚が出来る訳ですが、その堅くなった皮膚に阻まれ、逃げ場を失った毛穴の中の皮脂が乾燥肌ニキビの原因となります。
しかも、皮膚に潤いがないと分かると、何とか潤いを出そうと、皮脂の分泌はどんどん活発になります。
でも、せっかく分泌された皮脂ですが、毛穴が開きにくいために、肌表面に出る事が出来ず、乾燥肌ニキビに変化してしまう訳です。
なので、まずは美容関連のブログやサイトを参考に、より良い乾燥肌対策を見付け出す事。
この原理を知ると、乾燥肌ニキビは例え通常のニキビと症状は似ていても、随分違う存在であるという事が納得出来ますよね。
これが乾燥肌ニキビの予防としては、非常に効果的なのではないかと私は考えますね。
乾燥肌が解消され、角質層に毛穴をふさがれなくなったら、自然と乾燥肌ニキビは出来にくくなる訳ですからね。
乾燥肌ニキビの発症を抑えるためには、その要因である乾燥肌を改善するより他に方法はないと言っても決して過言ではないでしょう。
後、原理が原理ですから、やたらめったら顔を洗いすぎるのも逆に乾燥肌ニキビを悪化させてしまうのではないかと私は思います。
何故なら、乾燥肌であるからこそ、皮脂の分泌が活発になるという部分もあるからです。
ただ、あまりにも一生懸命顔を洗いすぎると、余計に肌の潤いが奪われ、乾燥肌が進むとともに、乾燥肌ニキビの出る確率もアップするというものです。

TOPへ