赤ニキビの治し方と予防法

赤ニキビの治し方と予防法

赤ニキビの原因

黒ニキビがの段階で治らず、発達すると赤ニキビになります。
角栓で毛穴が詰まると、空気を嫌い皮脂をエサとするアクネ菌が活発に活動し、炎症を起こし、赤ニキビになるのです。
赤ニキビは、表面が膨らみ、端から見ても、ニキビができているとわかります。
メイクで赤ニキビを隠そうとする女性もいますが、それは逆効果で、かえって赤ニキビが悪化します。指で触ったり、潰したりするのも厳禁です。

 

赤ニキビの治療

赤ニキビになってしまうと、皮膚のダメージが大きいので、治療に時間がかかります。
日常生活の改善も必要ですが、皮膚科などの医療機関の受診をお勧めします。
清潔にすることが第一なので、指で触ったり、髪の毛がかからないように注意してください。

 

洗顔は、ニキビ治療の基本です。石鹸をしっかり泡立て、泡に毛穴の汚れを取ってもらいましょう。
洗顔後は、化粧水でしっかり保湿し、肌の乾燥によって皮脂が必要以上に分泌されないようにしましょう。

 

一日の終わりには、メイクをしっかり落としましょう。
メイクを落としたつもりでも、逆に毛穴にメイクを詰めている場合もあります。クレンジングを使って、メイクが残らないようにしましょう。

 

食生活も、ニキビと大変関わりがあります。糖分が多いお菓子、脂っぽいスナック菓子や揚げ物、唐辛子のように刺激が強い物の食べ過ぎには注意しましょう。

 

睡眠は、肌が正常なターンオーバーをするために重要な働きをします。
一日に必要な睡眠時間は、人によって違うので、一概に何時間寝た方がいいとは言えませんが、睡眠不足にならないように自分とって十分な睡眠時間を取ってください。

 

毎日、決まった時間に寝て、体内時計を整え、あまり夜更かしをせずに寝ることが、肌の正常なターンオーバーには大切です。

 

ストレスは、ニキビと深い関係があります。
ストレスを受けると、免疫力が下がり、皮膚の機能低下を招き、肌のターンオーバーが正常に働かなくなります。
また、ストレスを感じると、ストレス緩和のために、脳が男性ホルモンを分泌します。
男性ホルモンは、毛穴の中で角質を厚くし、皮脂量を増やすので、ニキビができやすくなります。自分なりのストレス解消法を見つけて、リフレッシュしましょう。

赤にきび治療薬

赤にきび治療薬を使用するような赤にきびって?
赤にきび治療薬にはロート製薬の「アクネス にきび治療薬」がありますが、これは思春期の若者専用の薬ですので、20代以降にはどうでしょうか。
大人用の赤にきび治療薬となると、同じロート製薬で「アクネス」の姉妹品ともいえる「アクネージア」がよいのかな?
効く症状には「赤くて炎症を起こしてしまったニキビ」とありますし、やっぱり赤にきび治療薬と言ってもいいような感じです。
赤にきび治療薬が必要な赤にきびってどんなにきびなんでしょうか。
そうなる前に赤にきび治療薬と適切なスキンケアで治すように努力しましょう。
なので赤にきび治療薬も軽いにきび用ではなくそれなりのものが必要になるでしょう。
赤にきび治療薬も皮膚科の医師と相談しながら処方された方が早くよくなる可能性もあります。
にきびの症状といっても人それぞれの生活態度によって違ってきます。
一番いいのは赤にきび治療薬が必要な赤にきびになる前の、白にきびや黒にきびの段階で治しておくことですね。
ここまでになると痛みも伴いますし、なかなか治すのも困難になってきます。
特に現在進行形で赤にきびで悩んでいる人は、自分にあった赤にきび治療薬や治療法をブログやサイトで探して、一日も早く治すように頑張って下さいね。
その段階で適切なケアをしておいたら、赤にきび治療薬が必要な赤にきびに悩むこともなくなりますし、にきび跡が残る心配も軽減します。
人の肌の状態はそれぞれですが、出来るなら赤にきび治療薬が必要な状態になる以前で治るように努力したいですね。
でもたとえ治ってもにきび跡が残ってしまうのです。

TOPへ